2009年02月26日

クリスティーズオークションの結果(村上とプリンス)

今月11日にロンドンのチェルシーで行われたクリスティーズ、戦後現代美術オークションの結果報告です。暇つぶしに見学するつもりでしたが、寝坊したため行きませんでしたw

出品作品31点、予想落札総額は1450万ポンドだったが、結果は23点が700万ポンドで落札されただけだった。まー金融危機ですかねえ。

でも売れたものだけみてればいいんです!

ぼくが扱うのはレプリカとか大量生産された作品だけですから。

ではダイジェストで。

村上隆(47歳)きました。例の花柄ボールが397,250ポンド(約5千5百万円)で落札。

.

なんかおんなじよーな作品ばっかだからサザビーズもマンネリな批評してる。「フラワーボール(この作品ね)は、村上の日本画研究と東京のウルトラ・ポップ美学との結晶です。」そして例のごとく村上の持論である戦後日本のアメリカによる文化支配云々になる。


リチャード・プリンス(60歳)。アメリカ生まれで70年代から雑誌広告にとりつかれた男、広告のできすぎたイメージに社会の欲望と惑わしにみちたそのフィクション性をみてきた。

このカウボーイもまたひとつの神話。そして作品はそのコピー(広告)のコピー(写真)である。うむむむ。

Untitled (Cowboy).jpg


240,000ポンド(約3千3百万円)で落札。
落札不成立でした。


続きは次回のエントリーで。


posted by ろんどな at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。